渋家と渋家株式会社を立ち上げた文化事業家


美術家/文化事業家/渋家株式会社監査役

齋藤 恵汰(さいとう・けいた)

1987年生まれ。美術家。文化事業家。渋家株式会社監査役。2008年に美術作品として家を借りる「渋家 (シブハウス) 」を制作し、展覧会やイベントなどのキュレーション作品を発表。2013年、「ニッポンのジレンマ「新TOKYO論」」(NHK Eテレ) に渋家作者として出演し話題となった。渋家名義の主な実績に「森美術館「六本木クロッシング展」」全国のディスカーシブ・プラットホーム選出(2013)、「第17回 文化庁メディア芸術祭」審査委員会推薦作品選出(2013)などがある。美術分野のほか、演劇、批評の分野でも「非劇」(吉祥寺シアター/2015)劇作、戯曲集『戯曲|東京の条件』(岸井大輔/東京文化発信プロジェクト)編集、批評冊子『アーギュメンツ』編集・発行などの多彩な活動を行う。現在は、2016年に設立した渋家株式会社の役員に就任し、作品制作、展覧会などの企画運営など、様々な分野を横断的に扱う文化事業家として活動。



CONTENTS


NEWS

2017.12.10

現代美術展「自営と共在」関連プログラム「シンポジウム『タトゥー裁判』から考える、表現と自由の現在地。」を開催

2017.12.03

現代美術展「自営と共在」を開催

2017.08.10

NADiff a/p/a/r/t「パープルームの夏期講習」に登壇

2017.06.23

SHIBUYA HACK PROJECT「アーティストのための、住む部室。「渋家(シブハウス)」」に掲載

2017.06.10

ワタリウム美術館「パープルーム大学開校式」に登壇

2017.04.29

TOKYO FM「ミッドナイト・ダイバーシティー ~正気のSaturday Night~TOKYONOISE」に出演

2017.04.25

批評誌『アーギュメンツ#2』刊行

2017.01.24

ゲンロンカフェ「梅津庸一 × 蔵屋美香 × 黒瀬陽平 × 齋藤恵汰 今、日本現代美術に何が起こっているのか ──「ニューカマーアーティスト」から見る美術の地勢図」に登壇

2016.11.14

「美術手帖」 (2016年12月号) | 「あなたの知らないニューカマー・アーティスト100」に掲載

2016.02.27

コーバ・ロイヤルアネックス「齋藤桂太(渋家)×大西連(NPOもやい)トークセッション「アートとNPOから考える『稼げない人のためのセーフティネット』の作り方」」に登壇

2016.01.30

現代美術展「私戦と風景 Private War and Landscapes」を開催

2015.11.27

篠田千明 演劇公演「非劇 Higeki」劇作

2015.11.14

批評誌『アーギュメンツ』刊行

2014.08.08

篠田千明 演劇公演「機劇〜「記述」された物から出来事をおこす〜」出演

2014.04.04

「クイック・ジャパン」 (vol.113)| 「磯部涼 「部屋から考える~In The Room, To The Future」 第6回 渋家」に座談会掲載

2013.12.21

森美術館「六本木クロッシング2013展」|「現在のアート<2013>」に登壇

2013.12.01

NHK Eテレ「ニッポンのジレンマ」|「新TOKYO論」に出演


LINK


関連記事


動画



CONTACT

渋家株式会社|Shibuhouse.inc

〒153-0042 東京都目黒区青葉台四丁目4番1号 目黒青葉台タウンハウス101号

info@shibuhouse-inc.com

http://shibuhouse-inc.com/



PHOTO ARCHIVES