岸井大輔 戯曲 | 東京の条件 / 編集


目次 

はじめに 

【戯曲|東京の条件】 

1幕 制作者の憂鬱 || 作品の計画 

   1場 嘔吐 

   2場 目的 東京に必要な「公共の戯曲」を作る。 

   3場 目標 ハンナ・アレントの『人間の条件』を戯曲とし、「まちから創る」を演出法とし、東京を舞台に公共を実装する方法を模索する。 

   4場 東京の条件 

2幕 当事者の限界 || 活動による組織 

   1場 『まちから創る』 

   2場 『act』 

   3場 『LOBBY』 

   4場 『会/議/体』 

3幕 消費社会の境界 || 集団の調査 

   1場 『会議体』 

   2場 『突撃!あなたのまちの住み開きフィールドワーク東京編』についての覚え書き 

   3場 『こどもkichi』 

   4場 『share soup three weeks』 

4幕 企画者の美学 || いきと仮設技術 

   1場 『ゆっくり考えたい』 

   2場 『仮設技術といきの美学』 

   3場 『ハンナ・アレントと九鬼周造を出会わせる』 

5幕 生産者の条件 || 東京の公共 

   1場 『シェア大学(仮)準備室』 

   2場 『TAble』東京における、可能なる公共モデル 

   3場 『テーブルを仮設する』 

【『戯曲|東京の条件』を読む】 

所感 | 岡田利規 

演出プラン | 篠田千明 

『東京の条件』に寄せて | 成河 

演劇による『私』の解除 | 大山顕 

ひと・まち育みのコミュニティデザインの方法:「まるテーブルモデル」の提起 | 延藤安弘 

あとがき 

解説 戯曲と公共をめぐって | 坂倉杏介 


奥付 

編集:齋藤恵太(渋家)、羽鳥嘉郎、井尻貴子、大川原修平、東京アートポイント計画(森司、坂本有理、三田真由美) 

翻訳:片桐聡 

装丁:飯田将平 

装画:三宅瑠人 印刷・製本:高速印刷株式会社 

発行:東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団) 


参考 

Keita Saito Official

美術家/文化事業家/渋家株式会社取締役 齋藤恵汰